ニュース 2017.10.26. 22:10

ドラフトが充実した球団はどこ?

無断転載禁止
いよいよ迫ってきた“運命の一日”
 『ドラフト会議ショウアップ12球団全指名徹底スペシャル』に野球ライターの菊地高弘氏が出演し、ドラフト補強が充実した球団について話した。

 アマチュア野球に精通する菊地氏は「色々な考え方があると思うんですけど、来年の補強ポイントという意味で考えるとオリックスですかね」とドラフト1位で田嶋大樹(JR東日本)の交渉権を獲得するなど、育成選手を含めて12人の選手を指名したオリックスを挙げた。

 菊地氏は田嶋について「来年すぐに活躍するという意味では、今年ナンバー1ですね。彼がプロで失敗するというイメージが全くわかないんですね」と絶賛。「それぐらい既に実力を持っていますし、メンタリティー的にもイイ意味でマイペース。何事にも惑わされないメンタルを持っています。来年すぐに先発ローテーションでできるタイプだと思います」と解説した。

 ドラフト2位の鈴木康平(日立製作所)については「彼も外れ1位で候補に名前が挙がっているくらいの選手です。ムラッ気はあるんですけど、即戦力といっても違いない実力を持っています」と評価し、ドラフト3位の福田周平(NTT東日本)に対しては「基本的には走れて守れるショートです。オリックスは基本的に盗塁できる選手が少ない。そういう意味では福田選手は盗塁もできる選手ですし、安達選手が体調の問題もあるので、補強ポイントに合致しますね」と話した。

 「(オリックスは)上位3人で即戦力を獲れて、4位以下は将来性を重視した指名に切り替えることができましたね」とオリックスは充実したドラフトができたように映ったようだ。

■オリックス
1位 田嶋大樹(投手/JR東日本)
2位 鈴木康平(投手/日立製作所)
3位 福田周平(内野手/NTT東日本)
4位 本田仁海(投手/星槎国際高校湘南)
5位 西村凌(捕手/SUBARU)
6位 西浦颯大(外野手/明徳義塾高)
7位 広沢伸哉(内野手/大分商高)
8位 山足達也(内野手/Honda鈴鹿)
<育成枠>
1位 稲富宏樹(捕手/三田松聖高)
2位 東晃平(投手/神戸弘陵高)
3位 比屋根彰人(投手/飛龍高)
4位 木須デソウザフェリペ(捕手/御殿場西高)

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM