ニュース

若松氏が感じたDeNA・桑原の変化とは…

無断転載禁止
DeNA・桑原将志(C)KYODO NEWS IMAGES
 DeNAのトップバッター・桑原将志が日本シリーズ15打席目で、嬉しいシリーズ初安打を記録した。

 第3戦が終了した時点で無安打だった悩めるリードオフマンは初回、ソフトバンクの先発・和田毅が投じた初球のストレートをライト前に運び、今シリーズ初安打をマーク。続く3回二死走者なしで迎えた第2打席はセンター前にボールを運び、この日は3打数2安打1四球という成績で、トップバッターとしての役割を果たした。

 マルチ安打を記録した桑原の打撃について若松勉氏は「配球の読みが、3戦目までと全然違いますよね」(1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第4戦 DeNA-ソフトバンク戦』)と打席での変化を感じたようだ。

 さらに「3戦目までは、真っ直ぐを狙って打ちにいって、変化球での凡打が多かった。今日のゲームを見ていたら、しっかり見極めている」と続け、ボールを選んで対応できていることを強調した。第4戦でも切り込み隊長としての役割を果たし、チームを勢いづけることができるか注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM