ニュース

負傷交代の日大三・斉藤捕手 『右腕の外傷性打撲(全治2週間)』と診断

無断転載禁止
明治神宮野球大会第1日  日大三戦の9回、本塁に突入し捕手斉藤(手前)と交錯した日本航空石川の二走上田。セーフと判定されたが、危険な行為による守備妨害としてアウトに覆った=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
 大会事務局は10日、日本航空石川戦で負傷交代した日大三高の斉藤龍二捕手(2年・座間南中)は「右腕の外傷性打撲(全治2週間)」と診断され、本日は安静とし、帰宅した旨を発表した。

 斉藤は日本航空石川戦の9回の守備で、ホームを狙った二塁走者と激突。一旦はセーフと判定とされたが、危険な行為として守備妨害が適用され、アウトに判定が覆った。捕手の斉藤は、担架で運ばれ、負傷退場となった。

 このプレーに日大三の小倉全由監督は「許さんですよ。(タイミングは)全然アウトですよ。やっちゃいけない、というか絶対ダメ。徹底しておかないといけない。ケガをしますから。下手したら死んでしまう」と試合後に振り返っていた。

(ニッポン放送アナウンサー・洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM