ニュース

慶大、環太平洋大の投手陣を攻略できず初戦敗退…

第48回明治神宮野球大会
第2日 第3試合
大学の部 2回戦
○ 環太平洋大 5 - 1 慶應義塾大 ●

 秋の東京六大学リーグを制した慶大の明治神宮大会の初戦。

 慶大は3回、先発右腕・関根(1年・城東)が先頭の7番・押部(2年・育英)にレフト前に運ばれると、二盗を許し、さらに捕逸の間に三塁へ進めてしまう。一死三塁のピンチを招き、9番・松本(2年・下関商)の三ゴロの間に先制を許した。

 一方の打線は、一昨年のセンバツ大会に出場した先発・西山(2年・岡山理大附)の前に6回2安打無得点と苦しんだ。1点を追う7回に連打で一死一・二塁のチャンスを作ると、ここで打席は、4番・岩見。しかし、岩見は2番手・岩永が投じた118キロのカーブを打ち上げ右飛。後続も倒れ、この回も無得点に終わった。

 このチャンスを無得点で終わった慶大は8回に、3番手右腕・石井(慶應志木)が2番・栃谷(1年・明石商)に右前適時打、3番・沖繁(4年・瀬戸内)に右越え2点適時三塁打、4番・岡田(3年・岡山東商)に右前適時打で一挙4点を奪われた。

 5点ビハインドとなった9回裏、慶大は二死二塁から「終わりたくはなかった」という岩見が意地の左前適時打を放ち、1点を還すも反撃はここまで。陸の王者は初戦で姿を消した。

環太平洋大・先発の西山
「相手は強いと思ったが、動揺するのではなく、力を出しきろうと。最初は緊張していて力任せになっていたが、途中からいつも通りに投げることができた。(岩見については)変化球のボール球を振ってくれて助かったところはある。自己最速は139キロくらい。あと2つで優勝できるということはあるが、3年連続で負けている次の2戦目を大学として初めて取りたい」。

8回に3番手で登板した中日・又吉克樹の弟、環太平洋大・又吉亮文(またよし・あきふみ)(4年・浦添)
「思いきりいこう、と空回りしたところがあった。次の試合では修正したい」

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM