ニュース

稲葉ジャパン、連勝で決勝進出へ!第2戦は今永に託す

無断転載禁止
今永昇太

ポストシーズンで快投


 16日に開幕した「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」も、18日の試合で予選ラウンドが終了。初戦で韓国にサヨナラ勝ちした侍ジャパンは、17日の試合で韓国に敗れたチャイニーズ・タイペイと対戦する。

 勝てば文句なしで19日に行われる決勝戦進出が決まる一戦、稲葉篤紀監督は今永昇太に先発マウンドを託した。

 1993年9月1日生まれ・現在24歳の今永は、2015年のドラフト1位でプロ入り。DeNAでは1年目からローテーションの一角として活躍を見せ、ここまで2年間で19勝(16敗)をマークしている。

 今季は自身初の2ケタとなる11勝を記録。それ以上に圧巻だったのが、ポストシーズンでの快投だ。阪神とのファーストステージこそ3回3失点で降板となったが、広島とのファイナルステージではリリーフとして2回を完全投球。日本シリーズでは強力ソフトバンク打線を相手に2試合・13回を3失点、驚異の21奪三振という好投を見せた。

 大舞台で強さを見せた左腕は、国際試合でも輝きを放つことができるか。大きな注目が集まる。


試合予定

ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017
▼ 予選
チャイニーズ・タイペイ(林政賢)-日本(今永昇太)
<東京ドーム 18時30分>


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西