ニュース

侍J、田口の好投もあり4点リード 外崎&西川、好調コンビが揃って2打点!

無断転載禁止
先制打を放った外崎(左)と貴重な2点適時打を放った西川

松本&近藤健、日ハムコンビが好機演出!


「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に参戦中の侍ジャパンが19日、韓国代表との決勝戦の5回に一挙3点を追加した。

 侍ジャパンは4回、6番外崎(西武)の適時打で先制。しかし、なおも無死一、三塁の好機を活かせず、序盤から攻めきれない拙攻が続いていた。

 それでも1-0の5回、先頭の2番松本、続く近藤健の日本ハムコンビが、連打で無死一、三塁とチャンスメイク。その後、一死満塁となったあと、外崎が2打席連続となる適時打を左前へ運んだ。

 3点目を狙った二走・近藤健は本塁タッチアウトとなったが、続く西川が右中間を鮮やかに破る2点適時二塁打をマーク。今大会ここまで、揃って打率5割以上をキープする好調な6、7番が、重苦しい空気を一掃した。

 投げては先発の田口が、6回まで3安打無失点の好投。ピンチ脱出の際は激しい雄叫びを上げ、拙攻続きだった打撃陣を奮い立たせた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西