ニュース

稲葉ジャパン、3連勝で初代王者に 田口快投、大会MVPは外崎!

無断転載禁止
初代王者に輝き選手たちに胴上げされる稲葉篤紀監督
ENEOS・アジアプロ野球チャンピオンシップ2017
○ 日本代表 7 - 0 韓国代表 ●
<11月19日 東京ドーム>

 野球日本代表・侍ジャパンが、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の決勝・韓国戦に快勝。今大会を3連勝で終え、初代王者に輝いた。

 侍ジャパンは、先発の田口(巨人)が7回3安打無失点と快投。序盤は打線の拙攻が続く重苦しい展開だったが、巨人の三本柱に成長した若き左腕は、我慢強く援護を待ち続けた。

 すると4回、前夜も先制弾を放った6番外崎(西武)が、先制適時打を右中間へ。好調な若獅子は、5回にも2点目となる適時打を左翼線へ運び、大会MVPに輝いた。

 好機はさらに二死一、三塁と続き、7番西川(広島)も右中間への2点適時二塁打を放ち4点目。西川は4番山川(西武)の2点適時打で6-0となったあと、7回にダメ押しとなるソロ弾を右翼ポール際へ運び、この試合3安打3打点とした。

 田口は7回無失点の快投で救援陣にバトンタッチ。8回以降は石崎(阪神)、山崎(DeNA)がパーフェクトリリーフで締め、完封勝利で初代王者に輝いた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西