ニュース

広島・丸、好不調の波が少なくなった理由とは?

無断転載禁止
広島・丸佳浩(C)KYODO NEWS IMAGES
 リーグMVPを受賞した広島の丸佳浩が20日に行われた『NPB AWARDS 2017』、好不調の波が少なくなった理由について話した。

 丸は最多安打のタイトルを獲得するなど、今季は143試合に出場して、打率.308、23本塁打、93打点、13盗塁の活躍を見せ、リーグ連覇に大きく貢献。

 丸は「シーズン中、調子の波が激しいタイプだったんですけど、今季は波が比較的に少ないシーズンだったと思います」と分析する。具体的には「球場に入ってから練習に行くまで、練習に入ってから試合に行くまで、毎試合一緒のルーティンで入っていけたことが安定した数字が残せることができたのではないかと思います」と説明した。

 来季もリーグ3連覇を目指す広島に欠かせない存在の丸。「個人的なタイトルを狙うとか正直ないですけど、今季同様全試合出続けることを、変わらず持ち続けたいと思っています」と5年連続の全試合出場に意欲を見せた。

▼ 丸佳浩
今季成績:143試 率.308 本23 点93 盗13

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM