ニュース

“大谷争奪戦”へのカウントダウン…12月2日にも交渉解禁

無断転載禁止
日本ハム・大谷翔平(C)KYODO NEWS IMAGES

「新ポスティング」前進


 現地時間21日(日本時間22日)、日米両球界で協議が続いていた「ポスティングシステム」に関する交渉が合意に至ったことが報じられた。

 MLB公式サイト『MLB.com』によると、メジャーリーグ機構(MLB)とメジャーリーグ選手会(MLBPA)、日本野球機構(NPB)の間で交渉が難航していた「新ポスティングシステム」については、今オフは適用外となり、旧協定の規定が適用されることで大筋合意。来オフ以降は契約額に応じて譲渡金が決まる新協定を運用するという。

 これらは12月1日にMLBのオーナーの間で投票が行われ、承認されれば即日か翌日にもポスティングの手続きが開始される。大谷争奪戦が、いよいよはじまる。


「クリスマスプレゼント」を手にするのは…?


 ただし、従来のポスティングでは「30日間」とされていた交渉期間が、大谷に対してのみ「21日間」と短縮された。この情報を一番に伝えた『ニューヨーク・ポスト』のジョエル・シャーマン記者のツイートによると、これはメジャーリーグの選手会からの要望によるものだという。なお、西武からポスティングでメジャー挑戦を目指す牧田に関しては、交渉期間は従来通りで「30日間」と設定された。

 その他、譲渡金などは旧制度のままで変わらず、こちらは2000万ドル(約22億4000万円)が上限。支払う意志のある球団は全て交渉可能となる。

 来オフから3年間有効で採用される新制度では、MLB球団と契約した場合の譲渡金は契約金額によって変わり、契約金と年俸の総額が2500万ドルまでの契約の場合は20%、2500万ドル以上5000万ドル未満の場合は17.5%、5000万ドル以上の場合は15%、マイナー契約の場合は契約金の25%が譲渡金となる。また、入札が出来る期間も来年からは11月1日から12月5日の間に限られる。


 大谷の所属チームがクリスマスまでに決まる見通しとなったことで、シャーマン氏は自らの記事で「ショウヘイ・オオタニはどこかのチームの最高のクリスマスプレゼントとなる」と伝えた。

 また、外国人選手との契約余剰金がメジャーリーグで最も高く、大谷争奪戦に参入することが確実視されているレンジャーズの地元紙『ダラス・モーニング・ニュース』は、「テキサス・レンジャーズは12月1日、“二刀流”の日本のスター、ショウヘイ・オオタニ獲得に向けて全力を挙げる。その決着はクリスマス前につく」と、気合いの入った言葉でポスティングシステムの改定が合意に達した記事を始めた。

 交渉期間が短くなったことから、「例えば、1カ所に大谷の獲得を目指すチームが集まってプレゼンテーションを行い、そこから施設や街の様子などを見に行く5~6球団に絞るのではないか」と、シャーマン氏は予想している。これはNBAのスーパースターであるケビン・デュラント(現ゴールデンステート・ウォリアーズ)が古巣のオクラホマシティ・サンダーからフリーエージェントとなった時に行った例だそうで、スーパースター級のチーム選びとなることも不思議ではないとの見方だ。

 いずれにしても、大谷の移籍球団が決まるまではあと1カ月ほど…。いよいよ“大谷狂想曲”の幕が開く。


文=山脇明子(やまわき・あきこ)


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西