ニュース

侍J・稲葉監督、坂本は2020年の東京五輪に「必要な選手」

無断転載禁止
巨人・坂本勇人(左)、侍ジャパン・稲葉篤紀監督(右)
 『ニッポン放送 ナイターCONFERNCE 2018』が30日に行われ、侍ジャパンで指揮を執る稲葉篤紀監督が、坂本勇人(巨人)について語った。

 坂本は、今年3月に行われた『第4回 ワールドベースボールクラシック』の日本代表に選出されるなど球界を代表する遊撃手。3年後に行われる東京五輪でも、“稲葉JAPAN”の中心選手として活躍が期待される。

 稲葉監督も「バランスが大事なので、若い選手ばかりではダメですし、いろんな経験をしたベテランというのも必要になってくる。そういう意味ではWBCを2回も経験しているので、必要になってくる選手ではあるかなと思います」と信頼を置く。

 坂本は「今年源田君、京田君など良い選手が入ってきたので、なんとか五輪は選ばれるように2、3年しっかり成績を残していきたい。五輪の時に稲葉監督の力に少しでもなれるように精進します」と意気込んだ。

 また、来年3月にはオーストラリアとの強化試合が予定されている。稲葉監督は「2020年に向けた選手を集めていって、コミュニケーションをしっかり取ってチームを作っていきたい」と宣言した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM