ニュース

西武・野田、来季の目標は左キラー&50試合登板

無断転載禁止
西武の野田昇吾
 西武の野田昇吾が4日、契約更改交渉に臨み400万円アップの1700万円(推定)でサインした。

 左のリリーフとして今季38試合に登板した野田は「今年はシーズンを通して一、二軍の行き来が多かった」と反省。それでも、「後半はいいイメージで投げられました」と手応えを掴んだようだ。

 シーズンが終了してからは『第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ』の日本代表に選出され、代表のマウンドも経験。同じ左腕の今永昇太(DeNA)とも話す機会があり、その会話の中で、シャドーピッチングがとても大事だったということが改めてわかったという。「後半良くなったのもシャドーピッチングで下半身を鍛えたからだった」と続け、「どんな時でも下半身を使って投げたい」と1年を通してチームに貢献することを誓った。

 来季に向けては「侍ジャパンでいい経験をしたので、後半のイメージを変えず来年はやっていきたい。左打者を完璧に抑えられる投手になりたい。50試合登板を目標にしたい」と意気込んだ。

▼ 野田昇吾
今季成績:38試 1勝0敗 防1.98

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM