ニュース

巨人へFA移籍の野上が入団会見 巨人打線は「かなり打つチーム」

無断転載禁止
巨人へFA移籍した野上亮磨
 西武から巨人へFA移籍した野上亮磨が4日、東京都内のホテルで入団会見を行った。野上は3年総額4.5億円、背番号は「23」に決定。

 巨人へ移籍が決まった野上は「本当に鹿取GMに感謝したいと思います。来季は1年間怪我せず、ローテーションを守り抜いて、2ケタ勝てるよう、そして優勝できるよう精一杯頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 会見に同席した高橋監督は「今年1年間、ローテーションを守って2ケタ勝っていますので、当然1年間ローテを守って2ケタ勝って欲しいと思います」と期待を寄せた。

【コメント】
鹿取GM
「こんばんは。遅い時間に集まっていただき誠にありがとうございます。野上君は、パ・リーグ2位の西武ライオンズで1年間ローテーションを守り、11勝を挙げたハイレベルな投手です。大きな故障もなく、フィジカル面も強い。成績だけでは表せない良い部分も含めて、投手としての総合力が高いと評価しています。調査を重ねローテーションの一角を任せられると判断し、交渉初日から複数回アタックさせてもらいました。野上君は悩み抜いて、巨人軍の一員になることを決断してくれました。我々の思いを受け止めてくれた野上君に感謝しています。ありがとう。来季はローテーションに入って、4年ぶりのV奪回のために、もてる力を存分に発揮して欲しいと願っています」

野上亮磨投手
「入団が決まりました野上です。本当に鹿取GMに感謝したいと思います。来季は1年間怪我せず、ローテーションを守り抜いて、2ケタ勝てるよう、そして優勝できるよう精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

高橋由伸監督
「今季ジャイアンツは4位という成績に終わってしまい、たくさんある補強ポイントの中でも、先発投手という部分はまだまだ足りないチーム。今年は(野上と)対戦もあったりしましたけど、私の中ではコントロールが良く、1年間ローテーションを守り抜いたというところで、当然チームに足りない部分だったのかなと思います。まだまだ30歳。伸びるピッチャーだと思いますし、今後にも期待したいと思います」

【代表質問】
―― 今はどんな思いですか?
野上「西武ライオンズに感謝の気持ちがあります。特に9年間の間に受けてくれたキャッチャー。今年、多く受けてくれた岡田には感謝したいです」

―― ジャイアンツのイメージは?
野上「今年は打たれたので、かなり打つチームだと思います」

―― そういった選手たちをバックに投げることになります。
野上「心強いです」

―― 野上投手はどんな印象ですか?
高橋監督「今年、1試合対戦があって、そのときは多少打たれたと言っていますけど、それ以上に打たれたので、その記憶が飛んでしまいました。それよりも私が現役最後のシーズンに対戦があったのですが、ホームランを打っているので、少し上からモノがいえるかなというくらいですかね」

―― どのくらい勝って欲しいですか?
高橋監督「今年1年間、ローテーションを守って2ケタ勝っていますので、当然1年間ローテを守って2ケタ勝って欲しいと思います」

―― 監督の期待の声がありましたが、野上さんどうでしょう?
野上「ホームランを打たれましたけど、見逃し三振も取っています」
高橋監督「それは覚えていないです(笑)」
野上「期待に応えられるように頑張ります」

―― 今どんな気持ちでしょうか?
鹿取GM「嬉しいですね。来季が見えるような感じで、非常に楽しみです」

―― 背番号は?
鹿取GM「23番ですね」

―― 制球力を評価されていると思います。
野上「四球は絶対に野手のリズムが崩れるものなので、それは意識してやっていきたいと思います」

――セ・リーグの野球。試したい事は?
野上「今まで通り、何も変えずに貫きたいと思います。」

――来季プロ10年目
野上「こうやって注目される球団なので、プレッシャーはあると思いますが、それを跳ね除けて力に変えて頑張りたいと思います」

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM