ニュース

マイコ退団で手薄な先発陣 巨人FA移籍の野上にかかる期待

無断転載禁止
巨人へFA移籍した野上亮磨

マイコラス退団 3本柱以外は…


 巨人を自由契約となったマイコラスが6日(日本時間5日)、アメリカ・カージナルスとの契約合意に達した。今季14勝を挙げ、エースの菅野智之、13勝をマークした田口麗斗とともに、“先発3本柱”として活躍。先発の軸だっただけに、マイコラスの退団はかなり痛い。

 今季の巨人先発陣を振り返ると、菅野、マイコラス、田口の3本柱で44勝17敗、貯金27個を作ったが、3本柱以外は15勝29敗、防御率4.91と精彩を欠くなど手薄。それだけに、西武から巨人へFA移籍した野上亮磨にかかる期待は大きい。

【3本柱の成績】
44勝17敗 546回 自責137 防2.26
<先発成績>
菅野 智之 25試 17勝5敗 防1.59
マイコラス 27試 14勝8敗 防2.25
田口 麗斗 26試 13勝4敗 防3.01

【3本柱以外】
15勝29敗 319回2/3 自責177 防4.98
<先発成績>
畠 世周:12試 6勝4敗 防2.86
大竹 寛:13試 4勝4敗 防5.09
内海哲也:12試 2勝7敗 防5.77
宮国椋丞:9試 1勝6敗 防5.05
吉川光夫:8試 1勝3敗 防6.12
山口 俊:4試 1勝1敗 防6.43
高木勇人:2試 0勝1敗 防1.35
池田 駿:2試 0勝1敗 防8.59
今村信貴:1試 0勝1敗 防4.50
谷岡竜平:1試 0勝1敗 防15.00

鹿取GM、由伸監督も期待


 鹿取GMは4日に行われた野上の入団会見で「1年間ローテーションを守り、11勝を挙げたハイレベルな投手です。大きな故障もなく、フィジカル面も強い。成績だけでは表せない良い部分も含めて、投手としての総合力が高いと評価しています。来季はローテーションに入って、4年ぶりのV奪回のために、持てる力を存分に発揮して欲しいと願っています」と期待を寄せる。

 会見に同席した高橋由伸も「たくさんある補強ポイントの中でも、先発という部分はまだまだ足りないチーム。コントロールが良く、1年間ローテーションを守り抜いたということで、当然チームに足りない部分だったのかなと思います」と話した。

野上は西武で11勝をマーク


 野上は西武でプレーした今季、先発ローテーションの一角として活躍。プロ入り後初の完封勝利を挙げるなど、エース・菊池雄星に次ぐ11勝をマークし、4年ぶりのAクラス進出に貢献した。

 特に制球力が良く、今季144イニングを投げて、与えた四球はわずかに24。「四球は野手のリズムが崩れるものなので、それは意識してやっていきたいと思います」と野上。巨人でもテンポの良いピッチングを継続していく考えだ。

 ただ近年巨人へFA移籍した先発投手の1年目を見ると、ソフトバンクから11年オフにFA移籍した杉内俊哉が12勝を挙げたが、13年オフに広島から巨人へFA移籍した大竹寛は9勝、今季から巨人に加入した山口俊は1勝にとどまっている。注目度の高い巨人で、西武でプレーした今季と同じような投球を見せることができるかも重要になっていきそうだ。

 野上はマイコラスの穴を埋めるとともに、FA1年目から先発ローテーションに入り2ケタ勝利を挙げることができるだろうか…。

▼ 野上亮磨
生年月日:1987年6月15日生
守備位置:投手
身長 / 体重:177センチ / 74キロ
投 / 打:右 / 右
経歴:神村学園高-日産自動車-西武-巨人
今季成績:24試 11勝10敗0S 防3.63
通算成績:207試 53勝56敗2S 防4.03

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM