ニュース

再復活を目指すヤクルト・館山昌平

無断転載禁止
ヤクルトの館山昌平
 シーズン終了後に右肩と右肘の手術を行ったヤクルトの館山昌平。

「自分の状態を上げるためにシーズン中もいろんな方法をやってみた。とにかくどんな形でも投げられるようにと、球団に言ってもらっていた。そんな中で、オフシーズンにできることをやっておこうということで、その時期の手術をドクターに勧められ、球団にも、全てをクリアにしたほうがいいのでは?と言ってもらえたので、手術になりました」。13日に行われた契約更改の席で、シーズン終了後に手術を行った経緯を説明した。

 館山はこれまでも、右肘、右肩、股関節などにメスを入れ、その度に一軍のマウンドに帰ってきた。「リハビリで失敗したことはないですし、どんな手術をしても90%の状態までは持っていけるんです」と自信を見せる。その一方で、「最後の10%が、100%まで持っていくことがどの手術でも難しい」と明かす。

 それでも、過去に何度も復活を遂げ、09年に最多勝、15年にカムバック賞を受賞した。現在行っているリハビリは順調に進んでおり、「いいトレーニングもできているので、来年は自分を信じたい」と意気込む。来季、再び復活する姿をヤクルトファンに見せたいところだ。

▼ 館山昌平
今季成績:2試 0勝1敗 防12.00

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM