ニュース

他球団から巨人へ移籍した助っ人の成績は?

無断転載禁止
中日を退団し巨人に加入したゲレーロ

ゲレーロを獲得


 巨人は15日、ゲレーロの獲得を発表した。

 ゲレーロは中日でプレーした今季、春先こそ日本の投手に苦しんだが、5月以降は本塁打を量産し、最終的には35本のアーチを描き本塁打王のタイトルを獲得した。

 今季18本塁打を放ったマギーがチーム最多本塁打と、長打力という部分で課題を残す。ゲレーロには中日時代に見せた長打力が期待される。

 ゲレーロは中日から巨人へ移籍したが、これまでにもペタジーニやローズなど他球団から巨人へ移籍した助っ人は多い。過去に他球団から巨人へ移籍した助っ人たちは移籍1年目にどんな成績を残したのか見ていきたい。

他球団から巨人へ移籍した主な助っ人の成績

ロベルト・ペタジーニ(03年~04年)
ヤクルト→巨人
【ヤ】02年成績:131試 率.322 本41 点94
【巨】03年成績:100試 率.323 本34 点81
→ヤクルト最終年の02年は本塁打王こそ逃したが41本のアーチを描いた。03年から加入した巨人では、ペタジーニの主戦場である一塁手に清原和博がいたため、外野を守るケースが多かった。移籍1年目は34本塁打を記録したが、故障で離脱したこともあり100試合の出場にとどまった。

タフィ・ローズ(04年~05年)
近鉄→巨人
【近】03年成績:138試 率.276 本51 点117
【巨】04年成績:134試 率.287 本45 点99
→近鉄最終年となった03年は51本塁打を放ち、自身3度目の本塁打王のタイトルを獲得。移籍した巨人では小久保裕紀、阿部慎之助らとともに、超強力打線を引っ張り、チーム本塁打は日本新記録となる259本塁打をマークした。自身も45本塁打を放ち本塁打王に輝いた。

イ・スンヨプ(06年~10年)
ロッテ→巨人
【ロ】05年成績:117試 率.260 本30 点82
【巨】06年成績:143試 率.323 本41 点108
→05年にロッテの日本一に貢献した大砲は、06年に巨人へ移籍。ロッテ時代は外野を守る事の多かったイ・スンヨプだったが、巨人移籍後は本来の守備位置である一塁に固定された。一塁固定が功を奏したのか、打撃三部門でロッテ最終年を大きく上回る活躍を見せた。

アレックス・ラミレス(08年~11年)
ヤクルト→巨人
【ヤ】07年成績:144試 率.343 本29 点122
【巨】08年成績:144試 率.319 本45 点125
→ヤクルト時代の07年に、外国人の右打者としてはNPB史上初となる200安打(204本)を達成したラミレス。巨人へ移籍した08年は、前年の29本塁打から45本塁打に増やし、打点でも2年連続で打点王のタイトルを獲得した。シーズン中盤からは4番に座り、巨人のリーグ連覇の立役者となった。

ルイス・クルーズ(16年~17年途)
ロッテ→巨人
【ロ】15年成績:133試 率.255 本16 点73
【巨】16年成績:81試 率.252 本11 点37
→高い守備力でロッテ最終年となった15年にゴールデングラブ賞(セカンド)を受賞し、バットでも16本塁打を放ち、攻守に存在感を見せた。16年に移籍した巨人では、レギュラー不在だったセカンドのレギュラーとして期待されたが、故障やチーム方針に従わないプレーなどもあり81試合の出場にとどまった。

ケーシー・マギー(17年~)
【楽】13年成績:144試 率.292 本28 点93
【巨】17年成績:139試 率.315 本18 点77
→13年の楽天の日本一に貢献したマギーは、14年から3年間活躍の舞台をメジャーに移していたが、今季4年ぶりに日本球界に復帰。巨人でプレーした今季は、春先こそ打撃に苦しんだが、5月以降は安定した成績を残し、打率はリーグ2位の.315、48二塁打はセ・リーグのシーズン記録を樹立した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西