ニュース

ライバル球団の主力が続々移籍 ソフトバンクの連覇は安泰!?

無断転載禁止
エンゼルス入りを決めた前日本ハムの大谷翔平

多くの選手がセ・リーグ、メジャー移籍へ


 盛り上がっている2017年オフのストーブリーグ。FA権を行使した野上亮磨(西武→巨人)、大野奨太(日本ハム→中日)らは新天地移籍を選択し、大谷翔平(日本ハム→エンゼルス)はポスティング制度を利用し、念願だったメジャー移籍を実現させた。

 大谷以外にも今オフはメジャー挑戦を目指す選手が多く、平野佳寿(オリックス)、涌井秀章(ロッテ)、牧田和久(西武)が引き続き海外移籍を視野に入れている。残留の可能性もあるが、流出となれば戦力ダウン必至。しかも、前述した選手はすべてパ・リーグ出身の選手たち。2018年シーズンを見据えると、連覇を狙うソフトバンクとその他5球団との戦力差が、さらに広がる可能性が懸念される。

 特に主力が次々と抜けたのが2016年のチャンピオン・日本ハム。今オフは大谷と大野だけではなく、守護神の増井浩俊もFA権を行使しオリックスへ。さらに、勝ちパターンのマーティンはレンジャーズへ移籍し、今季途中には日本一の原動力だった谷元圭介も金銭トレードで中日へ移った。

 ただ、日本ハムには定期的に今回のような転換期が訪れる。稲葉篤紀、金子誠が引退し、レギュラーだった大引啓次、小谷野栄一がFA移籍した15年は、大谷ら若手の成長もあり2位に食い込んだ。今年のドラフトでは清宮幸太郎の獲得に成功。次世代を担う若手も育っており、7年目となる栗山英樹監督の新たなチーム作りに注目が集まる。

今季もFA戦線に積極的だったオリックス


 辻発彦新体制で2位に食い込んだ今季の西武。若手野手が続々と頭角を現し、チーム打率はリーグ1位の.264を記録した。一方、チーム防御率は3.53で同3位。投手力が明確な課題なだけに、野上に続き牧田まで退団となれば痛手。さらに、セットアッパーを務めたシュリッターも1年でチームを去り、球団は新たにワグナーとカスティーヨを獲得。2人の助っ人投手がどこまでやれるか注目だ。

 昨オフは岸孝之を獲得し、今季序盤はソフトバンクと首位争いを演じた楽天。今オフはここまで大きな動きはなく、4年目となるウィーラーら、6助っ人と契約を延長。今後、新たな助っ人野手の獲得が近いとされているが、基本的には既存戦力ベースで打倒・ソフトバンクを目指す。

 涌井の動向が気になるロッテは、井口資仁新体制へ備え外国人を大幅に入替えた。すでに、ボルシンガー、オルモスと2投手の獲得を発表。今後は残留したペーニャと並ぶ、長距離打者の獲得が見込まれている。

 オリックスは平野流出に備え、増井獲得に成功。大和(阪神→DeNA)獲りはならず、来季もセンターラインに不安を残すが、計算が立つディクソン、ロメロ、マレーロの残留は心強いポイント。ドラフトでは即戦力左腕・田嶋大樹の獲得に成功し、期待の大砲・吉田正尚が開幕からフル稼働できれば、ソフトバンクと優勝を争った2014年のような戦いができるかもしれない。

 ただ、パ・リーグ各球団の現時点でのチーム状況を見ると、大型補強と呼べるような球団はなく、現状維持かダウンがほとんどだ。

 一方、追われる立場のソフトバンクも昨季のデスパイネのような大補強はここまでないが、そのデスパイネ、バンデンハーク、サファテ、モイネロに加え、トミー・ジョン手術からの復活を目指すスアレスも残留が決定。松坂大輔、大隣憲司、山田大樹、鶴岡慎也らベテラン勢がチームを去ったが、投打ともに有望な若手が揃っており、現状維持でもリーグ連覇への見通しは明るい。

※初出にて「オリックスは田嶋投手をドラフトで一本釣り」と明記しておりましたが、正しくは西武との競合の末の獲得でした。修正し、お詫びいたします。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西