ニュース

契約更改を終えていない主力選手は?

無断転載禁止
広島の菊池涼介
 11月から始まった契約更改は、多くの日本人選手が更改を終えた。セ・リーグMVPに輝いた丸佳浩(広島)は7000万円アップの2億1000万円でサインし、金子千尋(オリックス)は日本人最高年俸の5億円で契約を更改した。

 その他、菅野智之(巨人)、菊池雄星(西武)、筒香嘉智(DeNA)といった各球団の主力も契約更改を終えているが、まだ契約更改を終えていない大物もいる。

 リーグ優勝した広島とソフトバンクの主力の多くが、ソフトバンクは最高出塁率のタイトルを獲得した柳田悠岐をはじめ、岩崎翔、千賀滉大、今宮健太、内川聖一、中村晃などが控えている。

 広島も、リーグ連覇の立役者となった菊池涼介、田中広輔なども契約更改を終えていない。菊池は昨年に比べ打撃成績を落としたものの、攻守で存在感を発揮。今季の年俸1億4500万円から2億円に突破するか注目が集まる。盗塁王と最高出塁率のタイトルを獲得したリードオフマン・田中広輔も、今季の7800万円から1億円の大台を突破するか気になるところだ。

 その他、山崎康晃(DeNA)、長野久義(巨人)、山田哲人(ヤクルト)、角中勝也(ロッテ)などが契約更改を残している。

【契約更改を終えていない主な各球団の主力】
内川聖一(ソフトバンク)
柳田悠岐(ソフトバンク)
岩崎翔(ソフトバンク)
中村晃(ソフトバンク)
千賀滉大(ソフトバンク)
角中勝也(ロッテ)
田中広輔(広島)
菊池涼介(広島)
山崎康晃(DeNA)
長野久義(巨人)

(金額は推定)

※2017年12月16日時点
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西