ニュース

ヤクルト前監督の真中氏「辞めると言ったあとが逆にしんどかった」

無断転載禁止
 さかのぼること1カ月前の11月30日、東京都内のホテルで『ニッポン放送 ショウアップナイターCONFERENCE 2018』が行われ、来季の解説陣に今季までヤクルトを率いていた真中満氏が加わることが発表された。

 現役時代からヤクルト一筋。2008年の引退後は、二軍打撃コーチ、二軍監督、一軍チーフ打撃コーチなどを歴任し、15年から監督に就任すると、同年にはチームを14年ぶりのリーグ優勝に導いた。しかし今季は、ケガ人の続出などもあって序盤から黒星が先行し、8月末に今季限りでの辞任を発表。最終的に球団歴代ワーストの96敗を喫し、6位という結果に終わった。

 カンファレンス終了後、来季からショウアップナイターの解説者として新たな道を歩む真中氏に、今季の戦いや来季に向けた古巣への期待、そして解説者としての意気込みなどを聞いた。


――シーズン後、秋季キャンプのない時期は久々だったのではないでしょうか?
のんびり過ごせましたね。あまりに暇すぎて午前中に近所のジムに通ったりして時間をつぶしてました(笑)そんな毎日でしたね。

――野球の情報は?
新聞はいつも見ていますし、情報は入れています。

――現場から離れ、物足りなさと安堵感でいうと、今のところどちらの方が大きいですか?
ずっと安堵感というか、すっきりしたというか、やるべきことはやりましたので、その中で1つの区切りとしては少しスッキリしたというところですかね。

――本当に色々なことがあったシーズンでしたが一番印象に残っている試合は?
試合だと10点差をひっくり返した試合(※7月26日の中日戦:6回まで0-10で負けていたが、7回に2点、8回に8点を奪って試合を振り出しに戻すと、延長10回に代打・大松の本塁打でサヨナラ勝ち)とかは、チームの雰囲気と神宮のスタンドの雰囲気が一体となってひっくり返したというような印象的なゲームでした。
※10点差での逆転勝ちは20年ぶり史上4度目のプロ野球タイ記録

――印象に残った出来事では?
あとは96回負けたのでね、1つ勝つ大変さとかをあらためて、今頃になりますけど感じましたね。

――一番大変だった時期は?
辞めると言ったあと(※8月22日の試合前にシーズン終了後の辞任を表明)、辞めることを発表したあとが逆にしんどかったです。8月の末くらいから残り30試合くらいを、どう来年のことを考えながら(選手を)つかっていくか。しかも勝たなくちゃいけない。その中で選手を起用する難しさを一番感じました。

育成というか育てなきゃいけない気持ちもありますけど、やっぱり神宮に来てくださっているファンの皆さんの勝ってほしいという思いもありますので、その辺りのバランスというか、難しいものがありましたね。


――ケガ人や若手の育成など、思うようにいかなかった部分も色々とあったかと思いますが、一番の誤算は?
もちろんケガ人という部分もあるんですけど、ここ何年か過ごしていく上で若手の底上げというか、レギュラーに匹敵するような選手たちを育てきれなかったというところが敗因かなと思います。ケガはつきものなのでね、しょうがないところもあると思いますけど。若手の底上げという部分は達せなかった。

――監督就任1年目のキャンプからテーマに掲げ、常々口にしていた“選手の自主性”という部分は促せたと感じていますか?
やっぱりプレー中は自分で判断しなくてはいけないですし、社会にでても人の指示を受けているようではダメだと思いますし、自分でどう考えてどう動くかが大事。結果的には、こういった終わり方になりましたけど、選手の意識付けというか、野球だけでなく、今後生きていく上では必要な部分なのかなと思います。

――良い時期も大変な時期も経験したかと思いますが、監督業の魅力というのはどういったところにあるのでしょうか?
勝つことに対しての喜びが非常に大きい。たかが1試合なんですけど。勝った瞬間の喜びというのは、あれが楽しくて監督はなかなかやめられないのかなと思ったりしますし、その一方では負けたときの悔しさというのは、サヨナラの場面でサヨナラ安打を打たれたピッチャーのようなイメージになってしまう。それくらい気持ちが揺れ動くという意味では、面白い部分もあるし、大変な部分もあるなと感じました。

――やはり選手時代とは全然違いますか?
選手時代ももちろん勝利に向かって戦うんですけど、自分が頑張った上で勝たないと物足りない部分もありますけど、とにかく勝利にだけ向かって戦うという部分ではまったく違うのかなと思いますね。


・インタビュー後編:真中氏が古巣ヤクルトにエール「若手投手が殻を破れるか」


取材・構成=平野由倫
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM