ニュース

今オフ“1億円プレーヤー”になった選手は?

無断転載禁止
広島の田中広輔

岩崎、田中らが大台突破!


 オフの話題といえば、契約更改交渉。最多勝、最優秀防御率のタイトルに加え沢村賞を受賞した巨人の菅野智之が2億2000万円アップの4億5000万円で契約を更改、リーグMVPに輝いた広島の丸佳浩も2億1000万円でサインするなど、まだ全選手が判を押したわけではないものの、ほとんどの選手が契約を更新している。

 プロ野球界で一流のステータスといわれる“1億円プレーヤー”が、返り咲きも含めて今オフも多く誕生した。“1億円プレーヤー”となった選手を見ると、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得したソフトバンクの岩崎翔が6200万円から6800万円アップの1億3000万円でサインし、広島のリーグ連覇に大きく貢献した田中広輔も6200万円アップの1億4000万円で契約を更改した。

 楽天の銀次は球団の生え抜き野手では初の1億円プレーヤーとなり、DeNAの守護神・山崎康晃も球団の4年目では史上最高額となる1億5000万円でサインした。

 また、1億円でサインしたヤクルトの坂口智隆は、2013年以来となる“1億円プレーヤー”返り咲きとなった。

1億円プレーヤーとなった選手


【ソフトバンク】
明石健志(17年)5500万円 → (18年)1億円
千賀滉大(17年)6500万円 → (18年)1億2500万円
岩崎 翔(17年)6200万円 → (18年)1億3000万円
森 唯斗(17年)8700万円 → (18年)1億3000万円

【西武】
増田達至(17年)9500万円 → (18年)1億1500万円

【楽天】
銀 次 (17年)7600万円 → (18年)1億円
福山博之(17年)7500万円 → (18年)1億2000万円
松井裕樹(17年)9000万円 → (18年)1億4000万円

【広島】
中崎翔太(17年)8500万円 → (18年)1億1500万円
田中広輔(17年)7800万円 → (18年)1億4000万円

【DeNA】
山崎康晃(17年)8000万円 → (18年)1億5000万円
梶谷隆幸(17年)9300万円 → (18年)1億2800万円

【中日】
田島慎二(17年)8200万円 → (18年)1億1000万円

【ヤクルト】
坂口智隆(17年)7000万円 → (18年)1億円

(金額は推定)
※FA移籍組は含めていないもの

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西