ニュース

西武のドラ1・斉藤大が入寮「強気で攻めていく」

無断転載禁止
入寮に際して持参した『アヲハタのジャム』を手にポーズをとる西武のドラ1・斉藤大将

即戦力の期待かかるドラ1左腕


 西武のドラフト1位左腕・斉藤大将投手(明治大)が7日(日)、埼玉・所沢の若獅子寮に入寮した。

 西武への入団が決定してからも、「毎日しっかりやることをやって、休みの期間じゃないという意識をもっていた」という斉藤大は、「全員から吸収することはあると思う」と語り、「多くの選手と少しでも会話をして、自分にプラスになるものを1つでも多く」と自身の成長に貪欲な姿勢を見せた。

 西武は、先発ローテの一角を担っていた野上亮磨がFAで巨人に移籍。大卒ドラ1の齊藤大には、即戦力として先発ローテに食い込むような活躍を期待したいところだが、本人は「チームの中で戦力になることが大事」と語り、「期待されているところで、その期待に応えていければ」と続ける。さらに、「攻めていかないと、この世界では通用しない」と述べ、辻監督が掲げる今季のテーマ同様、ピッチングでは「強気で攻めていく」ことを誓った。


明治大OBとして


 恒例となっている入寮時に持ち込む“こだわりの一品”には、小さい頃から慣れしたんできた『アヲハタのジャム』を持参。「パンやヨーグルトに使って食べていた」そうで、中でもブルーベリーがお気に入りとのこと。

 そして報道陣から手渡された色紙には、明治大野球部で受け継がれている『人間力』という文字を記し、「野球に限らず人間としても成長していきたい」との思いを口にした。

 また、今月4日に死去した明治大の大先輩でもある楽天の星野仙一球団副会長についても触れ、「オーラのある方で、自分の弱さを見せないような人」、「勝つために熱くなってくれる人だなと感じていた」との印象を語り、「しっかり伝統などを受け継いでやっていければ」と決意を新たにしていた。

 西武はこの日までに育成を含めた新人8選手が入寮。9日からは若獅子寮の目の前にある西武第二球場で新人合同自主トレがスタートする。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西