ニュース

西武の新人合同自主トレが始動!ドラ1・斉藤大「もう少し追い込めれば」

無断転載禁止
外野ポール間のインターバル走で先頭を走る斉藤大(左)、伊藤(中央)、西川(右)

ドラ1・斉藤大は「焦らずに」


 1月とは思えない気候の中で約3時間、ランニングや入念なストレッチからはじまり、首脳陣が見守る中で、外野ポール間のインターバル走やキャッチボール、ノックに体幹トレーニングといったメニューをこなした。

 ドラフト1位の斉藤大将(明治大)は「短い時間だったんですけど楽しくできました」と振り返り、「辛いというものはなかったので、もう少し自分で辛いなと思えるくらい追い込めれば」と力を込めた。

 また、「体重移動を一番意識してやっている」というキャッチボールでは、一球一球フォームを確認しながらボールを投げ、今後に向けては「焦る必要はまだないと思うので、しっかりと体をつくって、徐々に強い球を投げ始めてからピッチングに入ろうかと思う」と足元を見つめた。
斉藤大将


もう一人の新人!?


 一方、肩のケガが完治していないドラフト2位の西川愛也(花咲徳栄高)は、キャッチボールのタイミングで室内練習場に移動。昨季限りで現役から退き新たに育成担当となった鬼崎裕司コーチのノックを受けた。そのノックの途中で鬼崎コーチが「少し休むか」と声をかけると、自主トレを行っていた中村剛也が「優しいなー」と一言。コーチとしては“新人”に当たる鬼崎コーチが冷やかされる場面も見られた。

 ポール間のダッシュで常に先頭を走るなど、身体能力の高さを感じさせた西川愛也(花咲徳栄高)は、「皆で声を出して元気よくやれたので、苦しい練習でも楽しくやれました」と笑顔で振り返り、「コンディションを整えて1日1日をベストコンディションでプレーできるようにやっていきたい」と今後を見据えた。
西川愛也


 今回の新人は、斉藤大、與座海人(岐阜経済大)、斉藤誠人(北海道教育大学岩見沢校)の大学組が最年長ということもあり、斉藤大が「先頭で引っ張っていきたい」と意気込めば、入寮が一番早かったということで“まとめ役”に抜擢された育成1位の斉藤誠も「教員を目指していた身なので、養ってきた人をまとめる力を少しでも還元したい」と“まとめ役”としての自覚を口にした。

 また、新人合同自主トレの初日ということで多くの首脳陣や報道陣、ファンが詰めかけたこともあり、ドラフト3位の伊藤翔(徳島インディゴソックス)は「良い緊張感の中で良い練習ができました」とコメント。ドラフト6位の綱島龍生(新潟県立糸魚川白嶺高)も「効率よく練習ができて驚いています」と、合同自主トレの初日を振り返った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西