ニュース

写真で振り返るロッテの新人合同自主トレ~初日~

無断転載禁止
 ロッテの新人合同自主トレが12日、ロッテ浦和球場でスタートした。

 新人合同自主トレ前には、山室球団社長、井口資仁監督の訓示が行われ、その後10時から練習を開始した。

ルーキーたちは、キャッチボール、ランニング、ノック、ウエートトレーニング、マシン打撃などで汗を流した。育成ドラフト2位・森遼大朗は昨年10月に左膝の手術を行ったこともあり、別メニュー調整となった。

【新人合同自主トレ初日 ドキュメント】

9時45分
新人選手8人がグラウンド入り

ドラフト6位の永野将司を先頭に続々とルーキーたちがグラウンドにやってきました。

9時57分
井口監督がグラウンドに登場


9時58分
山室球団社長の訓示

「いよいよプロ野球選手としての第一歩となります。ぜひみなさん子供の頃憧れていたプロ野球選手、多くの人に感動を与えられるような選手になってください」

9時59分
井口監督の訓示

「まずは明確な目標を立てて、ただ一軍でやりたい、一軍で何試合出る、何本打つ、何割打つという明確な目標を持ってやってください」

10時00分
ウォーミングアップ


ウォーミングアップ前に楠コンディショニングディレクター、根本ストレングスコーチから練習の説明が行われました。


外野をランニングするルーキーたち。


育成ドラフト2位の森遼大朗は故障のため別メニュー調整です。


様々なウォーミングアップをこなすルーキーたち。

10時50分
キャッチボール


ドラフト3位の山本大貴。中日の鉄腕・岩瀬仁紀とは同じ誕生日です。


ドラフト5位の渡辺啓太。入団会見では目標に「先発ローテ入り。新人王」を掲げました。


ドラフト6位の永野将司。妻と子供がいるルーキーです。

11時00分
ペッパー

ドラフト4位の菅野剛士はドラフト2位の藤岡裕大とペアを組みました。


育成ドラフト1位の和田康士朗は、ドラフト1位の安田尚憲とペッパーを行いました。

11時20分
ノック


ドラフト1位・安田尚憲は難しい打球に思わず「無理やろ~」と叫ぶと、ノッカーのスタッフから「今のはイケルやろ」と檄が飛びました。


ノックで軽快な動きを見せたドラフト2位・藤岡裕大


ノック終了後、集めたボールを運ぶ安田(左)と和田(右)。


ノック終了後は全員でグラウンド整備です。

11時40分
フィールドテスト


短距離ダッシュスタート前の藤岡。


短距離走を行う永野。


立ち幅跳びを行う和田。ちなみに高校時代は陸上部でした。


長距離走を行う和田(手前)、永野(奧)。

12時40分
ランチ

13時40分 
ウエートトレーニング





ウエートトレーニングを行う安田(上)、山本(下)

14時40分
安田尚憲、藤岡裕大、菅野剛士、和田康士朗の野手組4人が室内練習場で打撃練習


安田は「高校のときからずっと木のバットで練習していたので、そこへの違和感はなかったです」と話しました。


藤岡は軽快な打撃を披露しました。


鋭い当たりを連発した菅野。


豪快なスイングをみせた和田。

15時25分 
練習終了

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西