ニュース

里崎氏、2番で起用された時にボビーから言われたこととは…

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏
 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏が14日、自身が番組パーソナリティを務める『里崎智也のスポーツ直球勝負!』で、2番で起用されたときのエピソードを披露した。

 当時ロッテの1番といえば、足の速い西岡剛(現阪神)が務める事が多かった。里崎氏は、バレンタイン監督(当時)から2番を打つときは「剛がランナーに出ると、早いカウントは盗塁をケアしてアウトコースに球が集中する。サトはアウトコースの球を打つのがうまいし、反対方向に打つのも上手い。だから剛が塁に出た時は、初球から打ちに行っていいから、アウトコースを狙ってセンターから反対方向に強い打球を打て。そうしたら剛の足だったら100%一、三塁になる。仮にサトを警戒して変化球が多くなった場合、剛を走らせることができる。そうなるとランナー二塁で勝負強いサトで、1本打ったら1点が入るし多種多様に攻撃できる」と指示を受けていたそうだ。

 里崎氏はバレンタイン監督の考えに「なるほどと、思いましたね」と振り返る。「(相手バッテリーは)盗塁を気にしてアウトコースばっかりくるんです」とバレンタイン監督の読みが的中。里崎氏は「思い切って踏み込んで打ってやりましたよ。そうしたら剛は足が速いから三塁まで行くんですよ。一、三塁で3番福浦さんを含めたクリーンナップに繋がっていく。そりゃ点が入りますよ。僕の適性を見抜き、さらに剛がランナーに出たことを含めて考えているんですよね」と“ボビーマジック”に感心した様子。

 「その日によってどうのように戦っていくか。ボビーの戦略で並べた打順で、僕がたまたま2番のときがある。どう戦うかで打順が変わってくるということですね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM