ニュース

ロッテドラ5・渡辺、ブルペン入り「感覚を確かめながら投げた」

無断転載禁止
ブルペンで投球練習を行ったロッテのドラフト5位・渡辺啓太
 ロッテのドラフト5位ルーキー・渡辺啓太が15日、新人合同自主トレで初めてブルペンに入り、井口資仁監督、小林雅英投手コーチが見守る中、捕手を立たせて30球投げ込んだ。

 同3位の山本大貴、同6位の永野将司がストレートを中心に投げ込む中、渡辺はスライダー、ツーシーム、カットボールの変化球を交えながらの投球となった。

 渡辺は「キャッチボールから変化球を投げていた」と話し、ブルペンでは「感覚とボールを確かめながら投げました」と振り返った。

 この日は3種類の変化球を投げたが、「まだ何球か投げていないのもある」と渡辺。その他の球種については「肩が出来上がってから投げていこうかなと思います」と宣言した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西