ニュース

ひと足先に球春到来!目が離せない女子プロ野球

無断転載禁止
アストライアの新監督・辻内崇伸と新主将・佐藤千尋

7年ぶりのナゴヤドーム開幕


 プロ野球のシーズン開幕まで残り10日を切った中、ひと足先に開幕の日を迎えるのが女子プロ野球界。3月21日・ナゴヤドームで行われる愛知ディオーネ-埼玉アストライアの一戦から、新シーズンが幕を開ける。

 2015年から兵庫県・淡路島を本拠地とする兵庫ディオーネが、今季から名称を変更。ホームタウンを愛知県に変更し、愛知ディオーネに生まれ変わった。その第一歩がナゴヤドームでの開幕戦になる。

 ディオーネの注目は、何と言っても女子プロ野球界最強投手の里綾実。2年連続で最多勝に輝くなど、昨季は投手三冠を制覇。シーズン3連覇を目指すチームの大黒柱として、今季も大きな期待がかかる。

 対するアストライアは、シーズンこそディオーネに首位の座を譲ったものの、日本シリーズ女王決定戦でディオーネを下し、女王の座に輝いた。

 総合Vを目指すチームは、今季から新指揮官に元巨人の辻内崇伸が就任。「待ちに待った開幕に向け、20名の選手がファンの方々に熱いプレーをお見せできるように日々練習に励んでいます。開幕の日を新生・アストライアとして勝利し、みんなで喜び合いたいと思ってます」と語るように、自身の“初陣”でもある開幕戦に向けた想いは強い。

 また、新主将に就任した佐藤千尋は「片平さんから教えていただいたことを胸に、昨年の結果に奢ることなく、更に高みを目指して1年間戦い抜きたいと思います。ファンのみなさんと共に勝利を喜び、秋には片平さんにもいい報告ができるよう選手、監督、コーチ、スタッフ一同頑張りますので、ぜひ私たちのプレーを観に、球場にいらしてください!」とコメント。今年1月に亡くなったアストライアの初代監督・片平晋作さんへの想いを胸に、活躍を誓った。

 

京都が台風の目に…?


 シーズンを制しながら“奪還”を目指すディオーネと、連覇プラス完全優勝を目指すアストライアに注目が集まりがちではあるが、2強に待ったをかけるのが京都フローラである。

 なんと昨季のリーグMVP・岩谷美里をアストライアから獲得。リーグ戦では首位打者・本塁打王・打点王・最多安打の四冠に輝いた球界屈指の主砲がチームを牽引する。

 さらに、昨季の最優秀新人に輝いたみなみも兵庫から加入。打率.331に岩谷に次ぐ3本塁打をマークするなど、飛躍的に打力が向上した“美人すぎる”スラッガーからも目が離せない。


女子プロ野球・開幕シリーズ


▼ 3月21日(水)
【ヴィクトリアシリーズ 2018シーズン開幕戦】
愛知ディオーネ - 埼玉アストライア
<ナゴヤドーム 13時>

▼ 3月24日(土)
【ヴィクトリアシリーズ】
京都フローラ - 埼玉アストライア
<わかさスタジアム京都 13時>

▼ 3月25日(日)
【ヴィクトリアシリーズ】
京都フローラ - 埼玉アストライア
<わかさスタジアム京都 13時>



ツイート シェア 送る

もっと読む