ニュース

中日・三ツ間がシート打撃に登板 左打者に課題も「納得いくボールあった」

無断転載禁止
シート打撃に登板した中日の三ツ間卓也

「低めを意識」注文通り2併殺


 中日の三ツ間卓也投手が8日、シート打撃に初登板。打者8人に対し3安打を許したが、2併殺を奪うなど要所を締め「納得いくボールもあった」と手応えを口にした。

 1ボール1ストライクから始まった1イニング目は、先頭の大島にカウントを悪くしたあと左前打を許した。それでも、ビシエドを遊ゴロ併殺に仕留めたあと、続く福田は二ゴロ。最初のイニングは結果的に3人で終えた。

 カウント0-0から始まった2イニング目は、先頭の木下をスライダーで一邪飛。続く京田にも、1ストライク後に低めへスライダーを投じたが、これを上手く拾われ、打球は右翼席へ飛び込んだ。

 その後、友永に対し四球。新助っ人・アルモンテは二ゴロ併殺。最後の対戦となった松井佑は右前打。ここでマウンドを降り、打者8人に対し1被弾を含む3安打1四球の内容だった。

 三ツ間は降板後、「右打者は狙い通りに打ち取ることができたが、大島さんと京田に打たれてしまった」と、左打者への投球に課題を残した。それでも、「低めには投げられたし、ランナーを出したあとゴロを打たせることができた。全体的に納得いくボールもあったし、前回のバッティングピッチャーの内容よりは良かった」と振り返った。

 今後については、「(シーズン中)調子が悪いときはあるので、そのときにどう修正するか。中継ぎなので、毎日ブルペンに入りながら打開策を見つけたい」と、早くも長丁場のシーズンを見据えていた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西