ニュース

ヤクルトのドラ4塩見が持ち味アピール 安打&盗塁「勇気もって行けた」

無断転載禁止
第1打席で白組先発の岩橋から中前打を放つ塩見

青木加入で競争激化、三拍子揃う右打ち外野手


 ヤクルトのドラフト4位ルーキー・塩見泰隆外野手(JX-ENEOS)が9日、初の紅白戦で安打と盗塁をマークし、首脳陣にアピールした。

 塩見は紅組の「3番・中堅」で先発出場。二死無走者の場面で第1打席に入ると、2ボール2ストライクから「(重心が)うしろに残っていたので上手くさばけました」と、白組先発・岩橋の変化球を中前へ弾き返した。

 柔軟な打撃センスを見せたあとは、非凡な走塁センスを披露。4番川端の打席で執拗な牽制を受けたが、「探り探りのなかでディスボ(ディスボール=必ず行け)のサインが出た。勇気をもって行けた」と二盗に成功。「(岩橋の)ボールがワンバウンドだったので、あれは成功するもの」と謙遜したが、スタート自体も悪くはなかった。

 その後の2打席は凡退したが、初実戦で持ち味を発揮した背番号「9」。青木の復帰で外野争いは熾烈となったが、左打ちが多い外野陣の中で、右打ちの塩見は貴重な戦力になりそうだ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西