ニュース

今季から導入される“申告敬遠制” 里崎氏の考えは?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏
 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏が11日、自身が番組パーソナリティを務める『里崎智也のスポーツ直球勝負!』で、リスナーから届いた「今季から敬遠の申告制が導入されますがどう思いますか?」という質問に答えた。

 里崎氏は「現場で文句を言う人はいないと思います。ミスすることがなくなるわけなので、バッテリーとしてはいいことですよね」と敬遠を申告制にすることのメリットについて語った。

 すると、インフルエンザで同番組を欠席した飯田浩司アナウンサーに代わり、アシスタントを務めた洗川雄司アナウンサーが「新庄選手のように敬遠のボールを打ったことがあったりしましたしね」と話すと、里崎氏は「それから何千試合もやって、(新庄さんと)同じようなケースは起こっていないんですよ。そういったことを考えた時に、暴投の方が起こりやすい。選手からしたらない方がいいんですよ」と丁寧に解説。

「敬遠がなくなることで、ピッチャーの投げる感覚が妨げられなくていい。また、バッターも打とうとする選手はそれほどいない。現場という面ではデメリットがないんですよ」と続けた。

 その一方で里崎氏は「ファンの皆さんからすると、もしかしたらという期待がなくなる分、デメリットしかないルールですけどね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM