ニュース

楽天のルーキー投手に明暗 ドラ4渡辺佑は無失点、ドラ7寺岡は5失点

無断転載禁止
練習試合の4回に2番手として登板した楽天の渡辺佑樹

渡辺佑は2番手、寺岡は3番手で登板


 楽天のドラフト4位ルーキー・渡辺佑樹投手(横浜商科大)と同7位・寺岡寛治投手(BCリーグ石川)が17日、韓国・三星との練習試合で対外試合デビュー。それぞれ1イニングを投げたが、渡辺佑は1安打無失点、寺岡は1発を含む3安打2四球5失点と、明暗が分かれる結果となった。試合は8-5で勝利した。

 左腕の渡辺佑は、4回に2番手として登板。ゆったりとしたフォームから緩急をつけた投球を見せ、左打者の7番イ・ソンゴンからは変化球で見逃し三振を奪った。

 右腕の寺岡は、5回に3番手として登板。こちらは制球が安定せず一死満塁のピンチを招くと、5番打者に押し出し四球を与え失点した。さらに、続くキム・ホンゴンにには満塁被弾。瞬く間に5点を失った。

 梨田監督は渡辺佑について、「いいボールを持っているが、まだ体がしっかりできてない部分がある」とコメント。寺岡については、「カット系のボールが横ではなく叩きつけるように縦に落ちている。強いボールは魅力。もっと真っ直ぐで勝負してもいいと思うし、5点は取られたが面白い投手だと思う」と話した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西