ニュース

小宮山氏、OP戦初登板で2失点の大谷は「今の段階でいえば問題ない」

無断転載禁止
オープン戦に初登板したエンゼルスの大谷翔平
 エンゼルスの大谷翔平が24日(日本時間25日)、ブルワーズとのオープン戦でメジャー移籍後初登板。1回1/3を投げて2安打2失点という投球内容だった。

 大谷は初回先頭のビラーにセンター頭上を越える二塁打で出塁を許すと、一死後、チェに四球を与え一、二塁とピンチを招く。ここを踏ん張りたいところだったが、4番・ピーニャの打席中に暴投。二塁へスタートを切っていた一塁走者を刺そうと、捕手のマクドナルドが二塁へ送球するもこれが悪送球となり、二塁走者の生還を許し1点を失った。

 2回は昨季20本塁打を放ったブロクストンにレフトスタンドに運ばれ、2回途中で降板した。

 オープン戦初登板の大谷について25日に放送された『サンデーモーニング』(TBS系)の人気コーナー『週刊御意見番』に出演した小宮山悟氏は「今現状どうなのかという確認だけですから、コントロールは良くなかったですが、しっかりとボールを投げられている。今の段階でいえば問題ないです」とコメント。

 その一方で、「ゲームで点を失った時に、キャッチャーがワイルドピッチでセカンドへ悪送球しましたよね。あそこで審判が送球の邪魔になり、(野手が)捕りにくかったんですよね。審判に喝です」と塁審に喝を入れていた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西