ニュース

【西武】 開幕を前にライオンズの“営業部”が好調?!稼頭央効果も?

無断転載禁止
15年ぶりに帰ってきた松井稼頭央の存在が年間シートの契約増にも貢献!?[画像=埼玉西武ライオンズ]

年間シート&スポンサー売り上げが好調


 いよいよオープン戦がスタートし、プロ野球の開幕まで約1カ月。その開幕に向けて準備を進めているのは、選手たちだけではない。チケット販売やグッズ制作など、球団に関わる様々な人たちがチームを後押ししようと開幕を前に奔走している。

 その中でも、所沢に本拠を構えて40周年を迎える西武の“営業部”がスタートダッシュに成功している。昨年9月から2018シーズン向けに販売してきた年間シートが昨年比148%となっており、球団初のキャップスポンサーにこんにゃくパークを運営するヨコオデイリーフーズが決定するなど、新規スポンサーの金額も昨年比150%と好調だ。


漂うファンの期待感


 年間シートを担当する営業部の小野塚久人マネージャーいわく、「新規契約は個人のお客さまが50%で、40代以上の方が多い」とのこと。4年ぶりのAクラス&CS開催といった、2017年シーズン後半の盛り上がりに加え、昨年11月15日に発表した40周年記念事業の発表も後押しになったと見ている。

 小野塚マネージャーは、「松井稼頭央選手兼テクニカルコーチの復帰も要因の一つかなと考えております」と続け、かつての“ミスターレオ”の帰還が、常勝軍団を知る40代以上の関心を引き付けたとの見解も示した。

 また、協賛社の昨年比増について村松宏営業部長は「CS進出や40周年記念事業の発表で期待していただいた結果だと受け止めている」と述べ、4月17日に行われる東京ドームでの主催試合といった「例年にない事業に注目が集まったことも要因の1つと考えている」と主張する。


ファンの皆さまとリーグ優勝&日本一を!


 15年ぶりに戻ってきた松井稼頭央も「宮崎南郷キャンプ、高知キャンプでもたくさんのファンの皆さまが球場に足を運んでいただきました。メットライフドームの“年間シート”と“新たなスポンサー”さまが例年になく多いと聞き、本当にうれしく思います」と多くのサポートに感謝の意を示しつつ、開幕に向けて「ファンの皆さまの期待に応えられるよう背番号“7”を背負ってグラウンドを駆けまわりたい」、「ファンの皆さまとともにパ・リーグ優勝そして日本一を必ずつかみ獲りたい」と決意を新たにした。


 昨年、実数発表となった2005年以降の主催試合における最多観客動員数を、2試合を残した時点で更新した西武。チームとスタッフが一丸となり、10年ぶりの優勝とさらなる記録の更新に期待がかかる。

【過去の観客動員数】
2017年 167万3219人(2位)
2016年 161万8194人(4位)
2015年 161万6827人(4位)
2014年 149万8365人(5位)
2013年 160万0841人(2位)
2012年 152万6028人(2位)
2011年 159万1651人(3位)
2010年 159万1303人(2位)
2009年 151万5045人(4位)
2008年 141万3583人(優勝)
2007年 109万3471人(5位)
2006年 119万6574人(2位)
2005年 110万3148人(3位)
※()内はシーズン最終順位
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西