ニュース

中日・鈴木翔、練習試合で3失点 3回で被安打7「すべて甘い球だった」

無断転載禁止
DeNAとの練習試合に登板した中日の鈴木翔太

一塁・福田に救われる場面も


 中日の鈴木翔太投手が27日、DeNAとの練習試合(北谷)に登板し、3イニングを投げ3点を失った。

 鈴木は2番手として4回から登板。いきなり先頭の5番宮崎に二塁打を許すと、続くソトにも右翼への鋭い打球を浴びた。右翼手の平田は果敢にスライディングキャッチを試みたが、あと一歩及ばず打球はフェンス際まで到達。これが適時三塁打となり、打者二人で1点を失った。

 5回も二死一、二塁のピンチを背負ったあと、再び宮崎に左中間突破の2点適時二塁打を許した。6回も連打を許すなどピンチを招いたが、ここは一塁・福田の好守もあり無失点。この試合は3回を投げ、7安打3奪三振3失点の内容だった。

 右腕は降板後、「すべて甘い球だった。真っ直ぐはシュート回転するし、スピードもまだない。しっかり練習して強い球を投げたいです」と語った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西