ニュース

燕ドラ4・塩見がタイムリー 目標は走攻守三拍子そろった山田哲人

無断転載禁止
ヤクルト・塩見泰隆
 春季キャンプ中に「山田哲人選手のように打って、守って、走れる選手」という目標を掲げたヤクルトのドラフト4位ルーキー・塩見泰隆が3日、東京ドームで行われた巨人とのオープン戦、バットでアピールした。

 6回の守備から途中出場した塩見は、1点を追う8回一死二塁の場面でこの日最初の打席を迎えると、巨人の宮国椋丞が投じたストレートをレフトへ弾き返す適時二塁打を放った。

 5-5で迎えた9回の第2打席は粘りを見せるも、遊ゴロに打ち取られたが、2月25日の日本ハム戦に続きオープン戦2試合連続安打を放った塩見。開幕一軍へ向けて、アピールを続けていく。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM