ニュース

阪神・能見、ソフトB相手に3回6失点 初回に満塁被弾、2回は3連打浴びる

開幕ローテ入り有力も、厳しい内容


 阪神の能見篤史投手が4日、オープン戦初登板となるソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発したが、3回5安打6失点で降板した。

 能見は初回、先頭の西田に左中突破の二塁打を許すと、一死三塁から、3番中村晃、4番グラシアルに連続四球。満塁後、5番松田には高め直球を完璧に捉えられ、これが左翼席へ着弾するグランドスラムとなった。

 2回は連続三振で二死を奪ったが、1番西田、2番川島に連打を許したあと、中村晃にはしぶとく中前へ運ばれ、これが二者生還となる2点適時打となった。

 3回は3者凡退に抑えたが、立ち上がりに不安を残したベテラン左腕。オープン戦初マウンドは3回60球、5安打6失点、3奪三振2四球の内容だった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西