ニュース

ロッテの新外国人オルモス、3回8失点 本拠地で制球定まらず

計4四死球、カウント悪くし痛打


 ロッテの新外国人オルモス投手が7日、巨人とのオープン戦(ZOZOマリン)に先発登板。初回に5点を失うなど制球が定まらず、3回8失点で降板した。

 先発ローテーション入りが期待される助っ人左腕。本拠地ファンに頼もしい姿を見せたところだったが、立ち上がりから制球に苦しんだ。初回、先頭の吉川尚に左前打を許すと、続く田中俊には1球もストライクが入らずストレートの四球。3番ゲレーロは詰まった内野ゴロに仕留めたものの、これを三塁・鈴木がファンブル。無死満塁となり、4番マギーに2点適時打を左前に運ばれた。

 5番長野は見逃し三振に仕留めたが、続く岡本には右前適時打を許し3失点目。さらに、7番若林に右犠飛を許したあと、続く田中貴には死球をぶつけてしまい、9番立岡に5失点目となる中前適時打を浴びた。

 初回だけで打者一巡の猛攻を受けたオルモスは、2回も2四球に暴投と大荒れ。ランナーを溜めたあと、長野に中犠飛を許し、続く岡本には2ラン被弾。初回に続く乱調で、2回までに8点を失った。

 3回は3者凡退に抑えたが、5安打4四死球で3回までに79球を費やした新外国人左腕。次回登板までにどう修正するか注目される。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西