ニュース

巨人・高橋監督、5回2失点の吉川光は「少々荒れるのが持ち味」

無断転載禁止
巨人の吉川光夫(C)KYODO NEWS IMAGES
 開幕ローテーション入りを目指す巨人の吉川光夫が7日、ロッテとのオープン戦に先発し5回を4安打2失点に抑えた。

 吉川光は5点を先制してもらった直後の初回、先頭の荻野貴司にライト前に運ばれ、続く岡田幸文の投ゴロを自らの悪送球で無死一、二塁といきなり得点圏に走者を背負う。3番・中村奨吾を左飛に打ち取るも、左翼・ゲレーロの悪送球で、一塁走者、二塁走者ともに進塁を許し、二、三塁とピンチが広がり、4番・井上晴哉の打席でワイルドピッチにより失点した。

 ミスで失点する嫌な展開だったが吉川光は気を取り直し、井上をフォークで空振り三振に仕留めると、続く鈴木大地を一塁ゴロで、最少失点で切り抜けた。

 2回以降はスコアボードに0を並べた吉川光だったが、5回に一死一、三塁から中村に犠飛で失点し、5回を投げて2失点という投球内容だった。

 高橋由伸監督は吉川光について「少々荒れるのは本人の持ち味であるかと…。結果的に抑えたかどうかが一番。今日は良かったのではないでしょうか」と荒れ気味だった投球の中でも、最少失点にまとめたことを評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM