ニュース

“打てる捕手”の候補はルーキー!?

無断転載禁止
巨人の大城卓三(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人の“打てる捕手”候補として、昨年シーズン終盤に宇佐見真吾が頭角を現したが、ドラフト3位ルーキーの大城卓三もバットで存在感を見せている。

 大城は東海大相模、東海大、NTT西日本を経て昨年のドラフト3位で巨人に入団した捕手だ。春季キャンプで打撃練習を見守った高橋由伸監督は「バッティング練習でいい打球を打っていた。ロングティーも飛距離が出ていたし、スイングが速くて力強い。もっと見たいと思いました」と大城の打撃力を高く評価した。

 大城はオープン戦が始まってから3日のヤクルト戦で途中出場ながらマルチ安打を記録すると、翌4日のヤクルト戦では本塁打。高橋監督はこの本塁打に「思い切ったところが良かった。一発で、ひとスイングで仕留めるのは大したものだと思います。しかも素晴らしい打球だった」とベタ褒めだ。

 本職の捕手だけでなく、打撃力を活かすために一塁の練習も始めた大城。オープン戦の終盤になれば、各球団の主力級の投手との対戦が増える。そこで変わらず結果を残すことができれば、開幕一軍も見えてくる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM