ニュース

レギュラーを目指すオリ・宗「全ての面でアピールしたい」

無断転載禁止
オリックスの宗佑磨
 オリックスの4年目・宗佑磨が14日、ロッテとのオープン戦で、レギュラーを大きく手繰り寄せる一発を放った。

 試合前までバレンティン(ヤクルト)、メヒア(広島)と並び、オープン戦12球団トップタイの3本塁打を放っていた宗は、1点リードの5回二死走者なしの場面で、左の永野将司から「入ると思っていなかった。最初はレフトフライかと思った」とレフト最前列に突き刺すソロ本塁打。

 宗はこの本塁打に「左投手からホームランを打てたことは自信にしていけたらいい。しっかり振り切っているからこそホームランになった」と振り返った。

 試合後、福良淳一監督はオープン戦でアピールを続ける宗について「スイングも速いし、相手にとっては足もある。嫌な存在だと思います」と絶賛。記者陣から福良監督がスイングスピードの速さを褒めていたことを伝えられると宗は「力強いスイング、速いスイングをしようと常に心掛けている」と答えた。

 「バッティングはもちろんなんですけど、走攻守、全ての面でアピールしたいです」。内野手登録ではあるが、レギュラーを勝ち取ろうと必死に慣れない中堅のポジションでアピールを続ける背番号「6」の活躍から目が離せない。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM