ニュース

西武・十亀、7回途中無失点 辻監督「順調にきている」

無断転載禁止
先発ローテの一角として期待がかかる西武・十亀
 西武の十亀剣が20日、ロッテとのオープン戦に先発し、6回2/3を投げて、球数はわずかに65球、1安打無失点に抑える省エネピッチングだった。

 十亀は初回をわずか6球でロッテ打線を片付けると、2回以降もテンポの良い投球で封じていき、被安打は3回に田村龍弘に許した左安のみ。この日、最大のピンチとなった6回二死三塁の場面も、加藤翔平を一ゴロに打ち取った。

 辻発彦監督は「6回2/3を投げて65球?シーズン中にこんなピッチングはありえないね」と笑みをこぼしながら話し、「ちゃんと投げられてよかった。ずっと順調にきているからいいんじゃないですか」と右腕の好投に充実した表情を見せていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM