ニュース 2018.03.20. 21:38

中日・田島、同点弾&サヨナラ弾食らう OP戦は3戦連続の複数失点

無断転載禁止
中日の田島慎二

3戦合計8失点、開幕へ不安募る


 中日の田島慎二投手が20日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)に救援登板。同点ソロに続きサヨナラ3ランを浴び、チームは5-8で敗れた。

 田島は1点リードの9回に4番手として登板。セーブシチュエーションの貴重なテスト機会だったが、先頭の中村晃に、ど真ん中に入った初球を軽々と右翼席へ運ばれた。1球で同点に追いつかれた守護神は、続く松田を三ゴロに。しかし、三塁・堂上が一塁へ悪送球し、バックの失策でサヨナラの走者を背負った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その後、二死二、三塁まで漕ぎつけたが、最後は2番川島に3ボール1ストライクとカウントを悪くしたあと、高めに浮いた直球を左翼席中段へ運ばれた。

 田島は手痛い2発を浴び、0回2/3、4失点(自責点1)で負け投手に。オープン戦はこれで、1回4安打2失点だった9日の阪神戦(甲子園)、1回2安打2失点だった14日の西武戦(ナゴヤD)に続き、3戦連続の複数失点となった。

cX.callQueue.push(['insertWidget', { widgetId: '2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', insertBeforeElementId: 'cx_2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', width: '100%', height: 303, renderTemplateUrl: 'auto' }]);