ニュース

まるで球場にいるような…?ソフトバンクが「VRライブ配信」を実施

無断転載禁止

オープン戦1試合と開幕3連戦で


 ソフトバンクは22日、VR(バーチャルリアリティー/仮想現実)技術を活用したライブストリーミング配信の実証実験を3月24日(土)のオープン戦・広島戦と、3月30日から4月1日の開幕3連戦の計4試合で行うことを発表した。

 動画やゲームなど、様々なコンテンツで活用されているVR技術。まるで自分が映像の中の世界に入り込んだかのような感覚を楽しむことができる技術であるが、今回はそれが野球観戦に活かされる。

 専用のアプリケーションをダウンロードしたスマートフォンをVR用ゴーグルにセットして視聴すると、目の前に広がるのは実際にスタジアムで観戦しているような臨場感たっぷりの映像。球場内には3台のVR用カメラが設置されており、バックネット裏、一塁側内野席、ライト側外野席の3つの視点を好きなように切り替えながら野球観戦を楽しむことができる。

 まずはオープン戦の1試合と開幕3連戦が対象となり、この4試合は全イニングを無料で楽しむことができるという。特に球場まで足を運べないという方は要チェックだ。


VRライブ配信について


【概要】
福岡ヤフオク!ドームで開催される開幕戦を含めた4試合について、
VR技術を活用したライブストリーミング映像の配信を行います。
※今回配信する映像は、“ソフトバンク”以外のお客さまもご覧いただけます。

【日程】
・3月24日(土) vs.広島(13時~)
・3月30日(金) vs.オリックス(18時30分~)
・3月31日(土) vs.オリックス(13時~)
・4月1日(日) vs.オリックス(13時~)
※いずれの試合も、開始から終了までライブ配信する予定


【視聴方法】
VR映像を視聴できる専用アプリケーション「パノミル」(ピクセラ提供)を
ダウンロードしたスマートフォンを、市販のVR用ゴーグルに装着して視聴できます。

▼ 「パノミル」

iPhone
Android


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西