ニュース

新強竜打線、OP戦8度目の2ケタ安打 ビシエド2発&アルモンテ4号!

無断転載禁止
中日のアルモンテ

二塁争う周平は2戦連続のマルチ!


 中日がロッテとのオープン戦(ナゴヤD)に9-3で勝利。ビシエドが2本塁打含む5打点、アルモンテは4号2ランを放つなど、新打線が11安打9得点を記録した。

 中日は初回、1番大島の四球、続く京田の右前打で一、二塁の好機を作ると、一死後、4番ビシエドが右翼ポール際への先制3ランを放った。ビシエドは3回にも、中前打の3番アルモンテを一塁に置き、左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち4打点目。7回には先頭打者として、またしても右翼席への一発を放ち、この試合は2発を含む3打数3安打1四球5打点と、自慢の長打力を見せつけた。

 4回には2点適時二塁打の京田を得点圏に置き、アルモンテがオープン戦4号となる2ランを右翼席へ。これがビシエドと初のアベック弾となり、アルモンテはマルチ安打でオープン戦5試合連続安打とした。

 中日は2番京田、7番高橋もマルチ安打を記録し、オープン戦16試合目にして8度目となる2ケタ安打を記録。投げては先発のジーが6回を3失点にまとめ、7回以降は谷元、又吉、鈴木博が無失点リレーで締めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西