ニュース

DeNAの先発ローテ候補に明暗も…強力クリーンナップは好調

無断転載禁止
DeNA・飯塚悟史
 DeNAは25日、横浜スタジアムで西武と対戦。最後のオープン戦に臨み、4-6で敗れたが、開幕に向けて収穫の多い試合となった。


飯塚が好投!開幕ローテ入りへ


 DeNAの先発は、ここ2試合(11回)で1失点と好調な高卒3年目右腕の飯塚悟史。立ち上がりはボールが多少ばらつき走者を許す場面もあったが、3回2/3を投げて無失点と上々の出来。開幕ローテーション入りに大きく前進した。

 飯塚は「無駄な四球や先頭打者を出したことは反省点」と課題を口にしたが、その一方で「要所で低めとインコースに投げきれた」と走者を許しながらも打たせて取るピッチングで得点を許さなかったことに手応えを感じた様子。その内容にラミレス監督も「これ以上はないんじゃないか。オープン戦のMVP」と賛辞を送った。

 しかし、もう一人の先発候補、熊原健人は大乱調。いきなりの4者連続四球で点を与えると、その後も安打と二塁打を許し、打者7人を相手に1アウトしかとれずに降板。ラミレス監督も「3回~4回を投げさせる予定だったけれど…。今日のピッチングは後退と言わざるを得ない」と、厳しい言葉を残した。

 また、横浜スタジアム初登板のルーキー・東克樹は、1回を無失点。「最初の2試合は良くなかったけど、最後に自分のピッチングが出来たと思う。(ハマスタは)硬めのマウンドで投げやすかった」と述べ、ラミレス監督も「グッドパフォーマンス」と合格点を与えた。


クリーンナップトリオが活躍!


一方打撃陣は、強力クリーンナップトリオが揃って活躍した。開幕から3番に入る筒香嘉智が右翼席への本塁打を含む猛打賞と結果を残せば、4番のロペスはマルチヒットを記録。5番の宮崎敏郎も左翼席への本塁打に加えて技ありの右前打と、広角に打ち分けた。

筒香は試合後、「ホームランなどの結果よりも、コンディションが良いことが安心材料」と、自分自身の身体の感覚を大切にしていることを強調。さらなる高みを見据えつつ、自身初となる本拠地での開幕を迎える。


取材・文 =萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西