ニュース

ソフトバンクがサファテと契約延長合意 2019年シーズンから3年間

無断転載禁止
2017年パ・リーグ「MVP」のサファテ(C)KYODO NEWS IMAGES

40歳までホークス


 ソフトバンクは27日、デニス・サファテと2019年シーズンから3年間の契約延長に合意したことを発表した。

 1981年4月9日生まれの36歳。2014年からソフトバンクでプレーし、今年が3年契約の3年目だった。2015年から3年連続でセーブ王に輝き、昨季はリーグMVPに正力松太郎賞まで受賞。来日8年、広島から所沢、そして福岡と渡り歩き、絶対的な地位を築き上げた。

 サファテは「今年から4年間、福岡ソフトバンクホークスの選手でいられることを本当に嬉しく思います。この大変大きな契約に恥じない活躍ができるよう、日々精進してゆくつもりです」と球団を通じてコメント。これからも鷹の守護神として、他の11球団を前に立ちはだかる。

▼ サファテのコメント
孫オーナー、工藤監督、コーチのみなさん、
チームメイト、スタッフ、球団フロントのみなさん、
事務所のみなさん、汐留の本社のみなさん、
そして、ファンのみなさんに対して、心から感謝いたします。
今年から4年間、福岡ソフトバンクホークスの選手で
いられることを本当に嬉しく思います。
この、大変大きな契約に恥じない活躍ができるよう、
日々精進してゆくつもりです。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西