ニュース

小川ヤクルト、開幕戦に快勝! 青木が復帰打、一塁・坂口は4安打

無断転載禁止
DeNA戦の1回、坂口の二塁打で生還したバレンティンと山田哲を迎えるヤクルトナイン=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.03.30 18:30
横浜DeNAベイスターズ 3 終了 7 東京ヤクルトスワローズ
横浜
● DeNA 3 - 7 ヤクルト ○
<1回戦・横浜>

 ヤクルトが「6番・一塁」で先発出場した坂口の活躍もあり、開幕戦に勝利。小川新体制の船出を白星で飾った。

 ヤクルトは初回、相手先発・石田に対し二死満塁の好機を作ると、6番坂口が外角のスライダーを左翼前へ運び2点を先制した。3回には腰痛からの完全復活を目指す5番川端が、今季1号となる2ランを放ち4-0。さらに、坂口の2打席連続安打をきっかけにもう1点を加え、序盤から試合の主導権を握った。

 坂口はその後も、5回に左前打、9回には左翼線への二塁打を放ち、この試合4安打2打点と大当たり。守りではプロ初の一塁守備を無難にこなし、8回の守備から左翼へ回った。

 8回には「4番・中堅」で先発した青木が、復帰後初安打初打点となる適時打を左前へ。この日は青木、川端、坂口。かつて打撃タイトルを獲得した左の好打者たちが打線をけん引した。

 投げては先発のブキャナンが、6回1失点と好投。6回は二死一、二塁のピンチで7番神里を空振り三振に仕留め、クールな男がマウンド上で吠えた。8回に3番手・秋吉が2点を失ったが、最後は新守護神のカラシティーがテンポよく3人斬り。敵地での開幕戦を新しい勝ちパターンで締めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西