ニュース

阪神、巨人・菅野を打ち崩した!江本氏「会心の勝利」

無断転載禁止
3回、2ランを放った大山(3)を笑顔で迎える阪神・金本監督=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 オープン戦最下位、チーム打率は11位の.225と苦しんだ阪神が、開幕戦で巨人のエース・菅野智之を打ち崩し5-1で勝利した。

 0-0の2回、福留孝介のソロ、高山俊のタイムリー内野安打で2点を先制すると、3回には大山悠輔の2ランで3回までに4点を挙げた。試合中盤の7回には、新外国人のロサリオがタイムリーでリードを5点に広げた。

 序盤から援護をもらったメッセンジャーは、7回を7安打1失点に抑え、4点リードの8回からはマテオ、ドリスの継投で逃げ切った。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「阪神は完勝でしたね。菅野を打ったというのは、(菅野の)調子が良い悪いにしても、チームとしては最高な展開でしたね。会心の勝利でしたよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM