ニュース

二塁打を阻止した阪神・福留の送球に大矢氏「素晴らしいプレー」

無断転載禁止
阪神の福留孝介
 ゴールデングラブ賞を5回獲得した守備の名手・阪神の福留孝介が、3月31日の巨人戦で強肩が発動した。

 2点リードの5回一死走者なしから、昨年の本塁打王・ゲレーロが放った打球は左翼・福留の頭上を越えた。二塁打かと思われたが、福留がフェンスに直撃した打球を素早く処理し二塁へ送球。二塁を狙ったゲレーロをタッチアウトした。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-阪神戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「セカンドで殺してやろうと思いっきり投げているんですよね。逆にゲレーロは(福留の頭を)抜いた時点で二塁打だと思って走っているから、一塁ベースを回ってからのベースランニングが大きかったんですよ」と解説。「福留の執念が勝ちましたよね。素晴らしいプレーでした」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM