ニュース

投手目線でみた巨人・岡本和真の評価

 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、巨人・岡本和真を投手目線で徹底分析した。

 岡本は阪神との開幕3連戦で、2本塁打、8打点をマークする活躍を見せ、名古屋に乗り込んできた。3日の中日戦では1回無死満塁で回ってきた第1打席、中日先発・柳裕也のストライクからボールになるスライダーに空振り三振。3回二死一塁の第2打席は、外のストレートにタイミングが合わず3球三振に倒れた。

 2打席2三振の岡本だったが第3打席、伊藤準規から二塁打を放つと、4-3で迎えた7回二死三塁の第4打席、祖父江大輔が投じた2球目の外角のストレートを逆らわずライト前へ適時打。貴重な追加点をもたらした。

 野村氏はこの適時打に「お見事でしたね。ある程度外にくるって頭に入っているんですよね。1つ前のスライダーを振りかけながら見逃して、ストレートをきっちりと逆方向に捉えている。この辺が成長の証かもしれないですね。覚醒とまでは言えないですけど、成長は確実に見えていますね」と評価。

 岡本は9回の第5打席にも適時打を放ち、この日は2打席目まで無安打だったが、終わって見れば5打数3安打2打点で、チームの勝利に大きく貢献した。

 野村氏は「正直言わせていただきますと、最初の三振のスライダーが中途半端(の三振)、2つ目の三振が手だけで振った三振。あれっと思ったんですけど、3打席目のしぶといヒットとその後ですよね。あそこから3本打ってきましたから」と話し、「怖い存在になっていきそうですよ。配球を含めて、読みもできるようになってきていますから。今まで通りの岡本の攻めをしているとやられますね」と昨季までの岡本と明らかに変化を感じたようだ。

「投手目線ですけど、昨年までは迷いながら打席に入って振っている印象だった。今年はそれがない。それだけでも投手は威圧感を感じていると思います」と野村氏。いよいよ坂本勇人以来となる高卒生え抜きのレギュラー野手が誕生の予感だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM