ニュース

西武・森が攻守にわたり活躍!5戦連続で先発投手に白星

2018.04.04 14:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
○ 西武 2 - 1 ソフトバンク ●
<2回戦・メットライフ>

 西武がバッテリーの活躍で開幕5連勝を飾った。新外国人のカスティーヨがソフトバンク打線相手に6回2/3を1失点で抑えると、打っては5番・捕手で先発した森友哉が3安打1本塁打2打点の活躍を見せた。


森がバンデンハークを攻略


 西武は初回、ソフトバンクの先発・バンデンハークから2つの四球を選んで二死一二塁のチャンスを作ると、森が高めのストレートをセンター前に弾き返して先制。森は4回にも高めのストレートに反応し、右翼席に突き刺さす第1号ソロを放つなど、この試合の全打点を記録した。

 森は守備面でも初先発のカスティーヨを好リード。そのカスティーヨは、力強いストレートとスライダーを軸に5回までソフトバンク打線を完璧に封じ込めた。しかし6回一死から上林のファーストへのゴロがリプレイ検証の末に内野安打となり、この試合初めてのランナーを許すと、安打と四球で一死満塁のピンチを迎える。それでも2番・本多を4-6-3のダブルプレーに打ち取り、このピンチを切り抜けた。


5戦連続で先発に白星


 カスティーヨは続く7回にも柳田への四球と内川の安打で無死一三塁のピンチを迎えると、デスパイネに犠飛を許して1点差に。その後、二死一二塁で上林を迎えたところで降板。前日の試合で先頭打者を四球で歩かせて指揮官から“喝”を入れられた左腕の野田がマウンドに上がると、代打の江川を空振りの三振に切ってとり、リードを死守した。これには西武の辻監督も2点差を逆転した前夜の展開になぞらえ「昨日とは逆のような展開。一本出ればというところでよく踏ん張ってくれた」と投手陣を称賛。ここまで5人の先発全員に白星がついている点かいだが、「今のところは上手くいっているけど、そうは問屋が卸さないと思う」と述べ、中継ぎも含めた投手陣全体の奮起を促した。

 対するソフトバンクの先発・バンテンハークは、「初回はマウンドの感覚を掴むのに手探り状態だった。2回からは、リズム、テンポ良く投げられた。接戦の試合こそ、先制点が大事になってくるし先に失点しないように、粘り強く、我慢強く投げないといけない」と、立ち上がりの失点を反省していた。

【西武先発陣の成績】
<vs.日本ハム>
第1戦:菊池雄星  (7回 2失点)☆11-2
第2戦:多和田真三郎(6回 0失点)☆7-2
第3戦:ウルフ   (6回 0失点)☆4-1

<vs.ソフトバンク>
第4戦:十亀剣   (7回 2失点)☆7-4
第5戦:カスティーヨ(6回2/3 1失点)☆2-1
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西