ニュース

ヤクルトが今季本拠地初勝利!小川監督「1つ勝てたことは大きい」

無断転載禁止
8回、適時二塁打を放ち、ガッツポーズするヤクルト・青木=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.04 18:00
東京ヤクルトスワローズ 8 終了 5 広島東洋カープ
神宮
○ ヤクルト 8 - 5 広島 ●
<2回戦・神宮>

 ヤクルトが、広島に8-5で勝利し本拠地・神宮で今季初勝利を挙げた。

 0-0の4回、中村悠平、西浦直亨の適時打、バレンティンの今季第2号3ランで5点を先制。先発のハフは5回まで強打の広島打線を無安打に抑えるピッチングを披露した。

 しかし6回、先頭の磯村嘉孝にソロを浴びると、エルドレッドに3ラン、松山竜平にソロを打たれ、ノーヒットノーランピッチングから一転、同点に追いつかれてしまった。試合後、小川淳司監督は「それまではいいピッチングをしていたのに、ちょっともったいなかったね」と残念がった。

 ヤクルトは直後の攻撃で西浦が、この日2度目の適時打を放ち勝ち越しに成功すると、8回には青木宣親の適時二塁打など2点を奪った。8-5の9回は新守護神・カラシティーが、走者を出しながらも無失点に抑え試合を締めた。

 小川監督は「これだけ多くのファンの前で、まず1つ勝てたことは大きい。上位打線にヒットが出た。西浦が3安打を打ってくれた」と振り返った。

(取材・ニッポン放送アナウンサー大泉健斗)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM